たいこばん通信 2010/1/25【VOL.4】

□■ I N D E X ■□
1. 太郎言
2. チーム紹介『DAC太鼓部』
3. イベントれぽーと
4. ライブ・イベント情報
5. たいこばんの太鼓判情報!
6. 編集後記
PC用URL
http://www.taro-taiko.com/newsletter/taikoban/_2010124vol4_1.php
携帯用URL
http://www.taro-taiko.com/mobile/index.cgi?mode=individual&eid=90

1. 太郎言

2010年になりました!遅ればせながらあけましておめでとうございます。
初の浅草年越しをむかえて、今年もがんばるぞ!と気合をいれながら、元旦朝4時半集合。群馬県太田市のショッピングセンターにて演奏させていただきました。
現地へ向かう途中、左前に満月が沈み、右後ろからは初日の出、左手に雪をかぶった富士山・・・後ろのシートには熟睡しているメンバー。幸せなオーラに包まれながら最高な年明けでした!
なにより、メンバーのゆきちゃんのおかげで、新しい「たいこばん衣装」での演奏が実現!龍と虎の柄が大きく入っている衣装です。その初お披露目にあわせて「和太鼓研究会たいこばん」を「浅草たいこばん」と改名!
“寅年に龍がのぼる”
そんな意気込みで今年も頑張ります。
そして個人的にも、今年は浅草近辺でたくさんたくさんライブなどします!
まずは2月24日と3月24日に浅草寺となりの二天門前の会場にてライブが決定しました。
佃康史さん(尺八・篠笛)とCHOCO(ダンサー)と共に個性あふれるライブを開催します。
佃さんとはここ4年くらい一緒に演奏させてもらっていますが、ほんと頼れる兄です。一生一緒に音を奏でていきたい奏者の一人です。ダンサーCHOCOも加わり、華やかなステージとなりますので、お楽しみに!
さあ!今年も楽しい一年を作りましょう!

1月16日のライブレポートをブログにUP
http://www.taro-taiko.com/blog/taikoban/post_38.php
写真も随時更新しています!
http://picasaweb.google.co.jp/tarotaiko
hatumoude09.jpg

2. チーム紹介③『DAC太鼓部』

☆小林太郎が指導する和太鼓チームを、シリーズでご紹介しています。第三回は、企業をあげて太鼓部を応援してくれているDACグループの精鋭たち、太鼓とお酒をこよなく愛する『DAC太鼓部』です!

=DAC太鼓部プロフィール=
活動拠点:台東区台東
結成年:2007年1月
メンバー:23歳~56歳の男性6名、女性3名
練習頻度:月2回(1回の練習は2時間)
持ち曲:「DAC日本の祭り」「リフレア」
主な演奏歴:DACイベント・和太鼓の祭典たいこばん(浅草公会堂、白井)・サンストリート亀戸
2010_4_2.jpg

=リーダー・逸見さんへの質問=
2010_4_3.jpg
★チームができたきっかけは?
以前から、太鼓をやりたいという願望があり、会社のイベントに和太鼓を推薦、会社のイベントに参加の為、勇士を募る(なかば強引にメンバーを決定)。※私自身もそうですが、全員が一度もばちも持った事のないメンバー。何も考えず、「和太鼓をやってみたい」という気持ちだけが、先走っていました。

★太郎さんとはどんな出会いだったのですか?
会社のイベントで和太鼓を披露したいという意見が通り、浅草周辺で太鼓を教えて下さる先生を探したところ、小林先生に出会う。

★チームの特徴は?
毎日仕事に追われているが、いったん仕事から離れると、陽気で、乗りの良いメンバーが集まっている。お酒を好み、何かにつけ酒談義を交わす。

★これからの夢や目標を教えてください。
「たいこばん」の方々のように、すぐに曲に対応でき、沢山の曲をこなし、多くの社外活動を行っていきたい。

★太郎さんにひとこと!
小林先生に、出会ったことは、DAC太鼓部にとって、個々の人生に大きな影響を与えていただきました。先生の「やりぬく!」姿勢を学び、DAC太鼓部全員が刺激を受けております。
こんなDAC太鼓部ですが今後もご指導頂き、是非!DAC太鼓部を「男」にして頂きたいと思います。

★たいこばん通信読者にもひとことお願いします。
月2回の練習も全員が集まらなく、中々技術も身につかないDAC太鼓部ですが、太鼓を通じて、色々な事を学ぶ事が出来ました。是非、多くの方に和太鼓の魅力を伝えたいと思っています。一度きりの人生、毎日を楽しみ、ストレス社会を乗り切る為にも、和太鼓はお勧めです!

★最後にひとこと!
今年初めて、会社の入社式で太鼓を披露させていただくことになりました。
多くの社員に披露し、太鼓部の和を社内に広げていきます。

3. イベントれぽーと

☆関係各チームメンバーに、それぞれが参加または鑑賞したライブ・イベントについてレポートしてもらおうというコーナーです。臨場感たっぷりのイベントれぽーとをお楽しみください。今後、たいこばん通信読者のみなさまにも、レポーターをお願いすることがあるかもしれません♪

【れぽ1:サンストリート亀戸イベント(レポーター:浅草たいこばん・ゆき)】
2010年1月2日

2010年2回目の本番☆
はい 2回目ですとも。
打ち初めは元旦でしたから!

10年振りの徹夜は元旦でした・・・。
ハードな年越しを乗り越えた「浅草たいこばん」のゆきです。

今回も沢山のお客様にめぐまれたサンストリート。
「太鼓衆一和鼓」「CRUSH BEAT」「DAC太鼓部」「浅草たいこばん」、もはやおなじみ「萩谷篤志さん」、笛の田中千晶さんに加え三味線の中島広貴さんが初参戦♪

そしてダイハード年越しの要因
「浅草たいこばん新衣裳made in 私」都内初御披露目!

因みに国内初御披露目は元旦の群馬です。
元旦の午前2:00に完成後、群馬に向かう車内で見た初日の出は多分忘れません。

いやーしかし、頑張ったらご褒美があるんですね♪
演奏後にDAC太鼓部の逸見さんがご自宅でパーティーを開いて下さいました。
しかも手料理!2つのテーブル満載なのに更に運ばれて来る!!
しかも全部うまい!!!

散々食べて飲んだあげく終電に追われろくに片付けもせずバタバタ帰った浅草たいこばんです(汗)
本当にすいませんでした。
ありがとうございました!!

またサンストリートでお会いしましょ~
出会いと始まりの季節を彩りにいきますよ~☆

2010年1月2日サンストリート亀戸公演

 

【れぽ2:ショッピングセンター牧の原モアイベント(レポーター:太鼓衆一和鼓・久佐美保子)】
2010年1月3日
楽しみは私の人生各々の時期でいろいろと変遷をしてきたが、食べる楽しみだけは、生まれてこのかた飽くことなく続いているし、生活の中で大きなウェイトを占めている。
健康な人なら皆さんそうでしょうね。

前年から今年にかけて、4回演奏をさせていただいたショッピングセンター牧の原モアには、フードコートがある。
昨今、フードコートはあちこちにあるが、アラ還としては外食する際には、落ち着いて食べられる混雑していない店を選びがちだ。
料金も嵩む。

しかし、演奏を終えて、ちょっぴり若やいだ気分になった時は、子供づれの家族でにぎわうフードコートも全く気にならない。何を食べようかとコート内の店をめぐるのも楽しいひとときだ。
安くて量もあり、味も悪くないものを選んだ日には、宝くじでも引き当てた気分だ。

食べる楽しみと太鼓や笛の演奏を長く続ける為に、歯のメンテナンスも今までどおりに、小まめにしようと思っている。

太鼓衆一和鼓写真集2010

 

【れぽ3:企業新年会(レポーター:浅草たいこばん・むらい)】
2010年1月8日
毎年恒例となっている、私の勤め先企業の新年会。
たまたま今年、新年会主催の親睦会役員だった私は、そこで太鼓の演奏をやらせてもらえないか?と会社に願い出てみたところ、それを社長が了承してくれて、この演奏が実現しました。

会場は高輪の八芳園でしたが、なんと当日現地にて思ったより場所が狭く、本当は浅草たいこばん6人で演奏する予定だったのに、各曲2~3人という、とても少人数での演奏となってしまったのです。

突如、人数減になったことでちょっと・・・いや、かなりビビってしまったのと、私自身は身内の前での演奏ということもあり、いつもにはない緊張感を持ってしまいましたが、途中、当社山本社長にもバチを手に取っていただいて舞台に上がってもらい、ご満悦の様子でした♪

お客様である社員の皆さんもとても楽しんでいただけたようで、演奏後に「感動した!」「素晴らしかった!」というたくさんの心温まる感想をいただきました。なかには「泣きそうになった。」とまで言ってくれた社員もおり、それを聞いて、なんだかこっちまで泣きそうになってしまいました。

めでたい新年会の席での演奏。全員での演奏はできなかったけれど、みんなが喜んでくれて嬉しかったです。

そして出演者の皆様、当日の大ドンデン返しに迅速な対応、本当にありがとうございました&お疲れ様でした。
2010_4_4.jpg

【れぽ4:特別養護老人ホームベル新年会(レポーター:浅草たいこばん・310)】
2010年1月9日
元旦から晴天が続き、1月9日も晴ればれとした青空のなか、広尾にある特別養護老人ホーム・ベルの新年会にお招き頂きました。
太鼓演奏も恒例となっており、玄関にはいつも出迎え下さるMさん(78才)の姿があり、嬉しいご対面でした。

新年あけましておめでとうございま~す♪と、皆様の笑顔で始まった新年会ですが、浅草たいこばん演奏、太郎先生演奏とつづき、毎回おなじみの東京音頭は、皆様の方がご存じで、歌ったり体を動かしたりと大変よろこんで頂けたようです。反省点としては・・・

今度は私達が盆踊りを覚えましょう(笑)

太鼓の大きな音に驚かれてもと、一曲目はかなり小さい音でスタートしたものの、気がつけばもう打って!打って!ましたね。
あっという間でしたが、新年会をご一緒できたことを嬉しく思います。いつもこちらの本番をご紹介頂いている渡辺さん、ありがとうございます。今度、太鼓をご一緒したいです!

毎回老人ホームの本番では、入所の皆様、スタッフの皆様から教わることが沢山あり、充実感や感謝の思いで、あたたかい気持ちで終えることができます。
まだまだ未熟な私達ですが、今年もがんばるぞ~~~!!
もっともっと練習して上手になって、又皆様に会いに来ますね~って、一年のスタートを切るにふさわしい一日を過ごすことができました。
ありがとうございますm(_ _)m
2010_4_5.jpg

4. ライブ・イベント情報

[2010.2.24(水)] 超絶技巧和太鼓パフォーマンス!
会場 二天門シアター(東京都台東区浅草2-34-3 アミューズミュージアム1F)
時間 18:30開場、19:00開演
料金 予約料金1500円、当日料金2000円(1ドリンク付)
※小学生以下、それぞれ500円引き
出演 小林太郎/ゲスト佃康史(尺八・篠笛)/友情出演CHOCO(ダンス)
※防音上の都合により、いつもの爆音より小さめですが、楽しい空間です!
ご予約、お問い合せ:http://www.amusemuseum.comのお問い合せフォームから。または電話03-5806-1181(10:00~18:00)
2010_4_7.jpg
2010_4_6.jpg
2010_4_8.jpg
[2010.3.24(水)]
会場 二天門シアター(東京都台東区浅草2-34-3 アミューズミュージアム1F)
時間 18:30開場、19:00開演
料金 予約料金1500円、当日料金2000円(1ドリンク付)※小学生以下、それぞれ500円引き
出演 小林太郎/ゲスト佃康史(尺八・篠笛)他
※お問い合わせ:上記と同じです。ただいま内容を熟考中☆

5.たいこばんの太鼓判情報!
☆浅草たいこばんメンバーによる、おススメ情報をご紹介していきます。和太鼓関係はもちろん、それ以外の一押し情報も、どんどん発信する予定です!

【一押し!イベント情報】
浅草たいこばんが誇るマルチヒッターゆき(ライブれぽでも執筆しています♪)・・・実は、女優なんです。ゆきちゃんが出演する、お芝居-音楽劇-の情報です!

公演:第2回川崎インキュベーター合同公演『ニセモノニンゲン』
~ストーリー~
2010年
先天的に不正や犯罪を起こす可能性の高い《人間のニセモノ》を発見
ニセモノニンゲン罪制定 隔離政策開始

隠された真実
失った希望

年齢差33歳 総勢33名のキャストが綴る音楽劇

―生き残るのは いつの時代も ホンモノのみ―

会場:ラゾーナ川崎プラザソル※JR川崎駅直結ラゾーナ川崎プラザ5F
日時:2010.2/24(水)~2/28(日)
24日(水)19:00
25日(木)19:00
26日(金)14:00/19:00
27日(土)14:00/19:00
28日(日)14:00
料金:一般2500円 川崎市民・インキュベーター会員2000円 小中高生1500円
※当日券は各300円増

■チケット予約フォーム
http://ticket.corich.jp/apply/17575/ito/
■ブログサイト
携帯から
http://blogs.mobile.yahoo.co.jp/p/blog/myblog/mytop?bid=siminngeki
パソコンから
http://blogs.yahoo.co.jp/siminngeki

6.編集後記

あけましておめでとうございます。
今年も、もう1ヶ月が過ぎようとしています。早いですね!
和太鼓研究会たいこばん改め浅草たいこばんは、ありがたいことに新年明けてから既に何度も本番の舞台に立たせていただいております。今年は小林太郎、浅草たいこばんともに、虎のようにしなやかに力強く、龍のように空を舞い昇る・・そんな飛躍の年にしていきたいと思います。
たいこばん通信でも、ますます元気で楽しい情報をお届けいたしますので、お楽しみに!
本年も、どうぞよろしくお願いいたします。(た)

◆◇◆━━━━━━━━
ご意見・ご感想をお寄せください!
たいこばん通信へのご意見、ご感想をお寄せください。また、演奏依頼など各種お問合せ、配信希望/配信先変更などのご連絡もこちらまで。⇒info@taro-taiko.com
※このニュースレターは、配信をご希望/ご了承いただいた方にお送りしております。今後配信がご不要の方は、「配信停止希望」の旨とお名前を、本メールにご返信ください。
━━━━━━━━━━◆

発行元
たいこばん通信事務局
代表 小林太郎
編集 高野文子 木村悦子


カテゴリー: NEWSLETTER パーマリンク